★ne-がコラム書いてるよ★

濡れたい人と濡れたくない人、一緒に夏のイベントを楽しむには?!

夏のイベントは、

水がかかってなんぼ!

 

頭から、爪先まで濡れないと、

夏を感じられない、ねーです。

 

一方で、

「濡れるのはちょっと・・・」って

言うのは、ねーの母です。

それでも、一緒にイベントを楽しんでくれるので、

ありがたくて、仕方ありませんね。

 

母は、ずぶ濡れショーを

鉄壁のガードをして、

イベントに臨みます(笑)

 

そんな、母があみだした、

水からの鉄壁ガードがあるんですよ!

 

「子供がどうしても濡れるイベントに参加したいと言っている」とか、

「友達から、水がかかるイベントで遊ぼうと誘われてるけど、濡れたくない」

「どれだけ濡れるかわからないけど、ちょっと楽しみたい」

考えている方に、ご紹介します。

 

 

濡れたくない理由

 

 

何も対策せず濡れてしまうと、

どんな大変なことが起きるのでしょうか。

一緒に考えてみましょう!

 

★着替え問題

我が家がいつも水がかかるイベントを楽しむ場所は、

ずぶ濡れもいいところ、

洋服を絞っても、絞っても、

洋服から水が滴るほどです。

だから、洋服・下着・靴までも、

変えなければいけません。

着替える場所は?、着替えを持つの?、

これを考えると面倒=濡れたくない!

となります。

 

★どっと疲れる

小さいとき、プールに入ったあと、

体がだるくて、グーグー寝ちゃったこと、

ありませんか?

水に濡れると、だるいんですよ。

だるさの中で灼熱のディズニーで、

元気よく遊べませんよね。

 

★風邪をひくかもしれない

体に水を浴びると、

一気に体温が下がって

クールダウンできます!

それが、濡れたい派の

濡れたいゆえんでもあるんですが、

このクールダウンで感じるゾクッは、

風邪ひいたときの、それに似ていますね。

夏だから太陽で乾くと思いますが、

濡れた洋服でいると、

体が冷えてしまいます。

暑くて汗をかいているのに、

内臓が冷えてるという

カオス状態になります。

 

最近忙しかった、

疲れがたまってる、

風邪気味、

そんな自覚症状がある方は、

いつもより抵抗力が

下がってるかもしれないので、

濡れたら風邪ひいちゃうかも。

 

濡れるにも、

体力も、気力も必要なのですね。

 

 

濡れない!鉄壁のガードとは?

 

 

濡れるイベントで、

抽選で当たったり、同行者が

どうしてもずぶ濡れエリアに行かないといけないときは、

鉄壁のガードをしましょう。

 

★レインコート・レインポンチョ

 

 

まずはレインコート・レインポンチョを着用します!

「炎天下に、カッパなんか着たら、

蒸し風呂状態だよ~」って思うでしょ?

そうです、蒸し風呂状態です(笑)

しかし、濡れないためには、

必須なんです(;^ω^)

 

注意したいのは、カッパの丈。

最低でもおしりが隠れるくらい、

できれば、膝あたりまでカバーできる

長くて、しっかりしたカッパがベストです。

ショー中、海賊と一緒に踊る場面があり、

夢中になってると、

手をあげた手からつたって、

カッパの中に水が入り、

洋服が濡れるので、

なるべく手も濡れないように

してください。

 

前開きタイプのカッパの場合

前後ろ反対に着ると

前からの飛んでくる水が

合わせから入ってこないので

おすすめの着方です!

 

ショーが始まる寸前に着ましょう!!

早い段階で着ると、熱中症になるので注意です!

 

★首にタオル

カッパを着る前に、

首にタオルを巻きます。

減量中のボクサーのように!(笑)

首にタオルを巻くと、

顔に水がかかって

首をつたって服が濡れるのを

首で止められます。

でも、終わったら、

そのタオルはびしょびしょです!

タオルを入れるビニール袋があると、

他の荷物が濡れないので必要ですよ(^^)/

 

★つばの長い帽子

つばの長い帽子をした上に、

カッパのフードをかけます。

すると、顔にかかる水が5/1くらいに

減ります。

水は上からかけられるのがほとんどなので

帽子のつばで水をうけると、

ほとんど顔にかかりません。

ショーのあとは、

帽子もずぶ濡れですので、

濡れる用の帽子とは別の帽子を

用意するのが、無難ですね。

 

★サンダル

足元も、完全にびしょびしょになります。

歩いていると、いつもと同じように歩けません。

足と靴の間が濡れていると、

滑っちゃうんですよね。

だから、ショーが始まる前に、

履いていた靴からサンダルに履き替えて、

終わったら、足を拭いて靴に履き替える、

そうすると、だいぶ楽ですよ!

ショー中は裸足になることは禁止です。

 

★袋に荷物を入れて水から守る!

携帯をお尻のポケットに入れてても、

バッグの中に入れてても、

壊れるほど、濡れます。

生活防水どころではない量の水が

かかります!

携帯がダメになる人をよく見るので、

バッグごと袋に入れるのが、

オススメです!!

ゴミ袋のように、大きいさと

ある程度の強度がある袋だと

いっぺんに荷物が入れられ、

管理も楽です!

 

バッグが濡れてもいいなら、

携帯やお財布だけでも、

パークで買い物した時の袋に

入れてもいいですね。

 

★タオルで防御しない

濡れたくないからだと思いますが、

小さいハンドタオルで

顔を守っている人がいますが、

無駄な抵抗です。

タオルなんかじゃ、防げません。

顔は濡れるし、

唯一持っているハンドタオルは

途中から重くて、無意味な物になります。

ショーが終わってから、

タオルで拭かなければいけないところは、

たくさんあり、乾いたタオルは貴重品と化すので、

ショーの最中は、持たないように!

 

 

ショーが終わったら

 

 

濡れないように防御したあとも、

こんな困難が待っています。

 

当たり一面水浸し

当たり前ですが、あたり一面水浸しです。

地面が濡れててバッグを地面に置けないし、

とりあえず、居た場所を離れても、

濡れた人が通った道もまた、

地面が濡れています。

素早く、道の端に寄って、

体を拭きましょう。

 

★体からのしたたる水

タオルを出して、汗やかかった水を拭きたい、

と思って、バッグを広げようとします。

しかし!

バッグから取り出すのに、

カッパor洋服が濡れててバッグを体につけて探せない!

頭から水がたれてバッグに入る!

焦れば焦るだけ、濡れていないバッグの中が濡れていきます。

もし、袋にバッグを入れたら、

一番上にタオルを置いておきましょう。

とりあえず、1番先に体を拭くことです!

 

★お肌ガビガビ

せっかくした保湿ケアや日焼け対策が

濡れた水で全て流れます Σ(・ω・ノ)ノ!

何もケアしてない肌を

夏の強い日差しにさらし、

日焼けするのも時間の問題です。

 

隅々まで水を拭き取り、

保湿クリームをぬって

ケアをしてから、

日焼け止めをぬりましょう。

 

 

おわりに

 

濡れたい人と、濡れたくない人、

濡れたい人と同じ様に、

濡れたくない人も準備が必要です。

 

しかし、その準備のお陰で、

その日の最後まで、

ディズニーを楽しめて、

翌日も風邪をひかずにいられますよ。

 

荷物多くなりますが、

そのぶん、思いっきり楽しめますよ!

夏を感じに、ディズニーに行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA