★ne-がコラム書いてるよ★

ディズニーのスゴさに、やっと気が付いた!

いつも読んで頂いて、

ありがとうございます。

 

どーも、

ねーです(*^^*)

 

 

【ディズニーコラム第1回目】

 

今回は、

みんながディズニーへの見る目・位置づけが

変わってきたって思ったので、

そのことについて書いてみたいと思います。

 

 

ディズニー、好きですか?

 

私は小さい頃からディズニーが大好きです。

 

大人になっても変わらずに大好き!

 

私が20代の頃、

大人がディズニー好きって言うと、

結構な割合で、呆れられました。

 

当時勤めていた会社の人から、

「いい年して、ディズニーが好きなんて恥ずかしくないの?」

「ディズニーが好きなんて、人に言わない方がいいよ」

って、言われていました。

 

私に言ってきた人に対して、

「みんな、ディズニーに遊びに行って楽しんだことがあるはず」、

「夢と魔法の世界で非日常を体験したはず」

なのに、

その場所を好きと言っている人の、

何が恥ずかしいのでしょうか。

 

 

ディズニー好きが恥ずかしい理由

 

まだディズニーは、

遊園地で、子供が遊ぶ所っていうイメージが強かったのでしょう。

 

あまりにも周りから

「ディズニー好きが恥ずかしい」と言われるので、

恥ずかしいと思われるならと、

ディズニーに行くことも、

ディズニーグッズを持つこともやめたことがあります。

 

だけど、

つまらない!

 

ディズニーを押さえると、

つまらないのです。

 

だから、

人の言うことを気にせずに

ディズニーの年間パスポートを買い(反動?!)、

持ち物はディズニーで買ったものや、

雑貨屋で買ったディズニーの物を堂々と持ちました。

 

 

ディズニーがくれたもの

会社の中では、

幼稚な物が好きなイタイ人になっていましたが、

私は幸せで仕方ありませんでした。

 

あるとき会社で、

「海外のお客さんをディズニーランドにアテンドするんだけど、

回り方教えて」とか、

「家族でディズニーに行くんだけど、土日は混むかな?」と

ディズニーの質問をされることが、増えていきました。

 

そして、今まで自分が楽しむ場所だったディズニーが、

”この人”に楽しんでほしいと、

ディズニーの過ごし方をアドバイスするようになりました。

 

特に、外国人へのアテンドの時は、

初めてのディズニーだと知って、

気合いを入れてスケジュールを組みました。

A4の紙にぎっしりと、

絵心ないのに分かりやすくなればと絵を描きました。

 

次の日に、目を輝かせて「Thank you」と言われて

「マイ プレジャー」力強く握手をしたことは忘れられません。

いい仕事ができたと思いました。(仕事じゃないけど)

 

ディズニーが好きなことで、

人の役に立つ、やりがいを得ることができました。

 

 

ディズニーは前からただの遊園地じゃない!

 

私にディズニー好きという定着してきた頃、

今度はディズニー情報が私に寄せられるようになりました。

 

「日焼け止めがプリンセスバージョンになってたよ」とか、

「プラザでディズニーだけの売り場があってかわいかったよ」って。

 

笑顔で報告してくれるみなさんのこと、

とっても嬉しいと思ったのですが、

数年前に私のこと「恥ずかしい」と言った人たちでした。

私はなんで周りの人が、

180℃意見が変わったのか、

不思議でなりません。

 

よく「時代が変わった」と言いますが、

ディズニーに対する位置付けや、

みんなの考え方が時間をかけて変わってきたのかなって、

思います。

 

今はディズニー好きだって言っても、

「いい年して」とか、「恥ずかしい」と言う人はもういません。

 

むしろ、「年間パスポート持ってるの?いいなー」って

言われることの方が多くなりました。

 

このことで、ディズニーがみんなの中で、

子供が遊ぶ遊園地から大人も楽しめるエンターテイメントの場所だと、

イメージが変わって行ったのだと思います。

 

 

ディズニーの楽しみ方の多様性

 

 

Dオタだったら、

「いやいや。ディズニーは進化はしてるけど、

本質的なことは変わってないよ」って思いますよね。

 

アトラクションも変わらないし、

ショーもパレードも、小さい頃から今でも、

期待以上の素晴らしいものを見せてもらっています。

 

それはひとえに、

ディズニーは、本物を大事にしているから。

音楽もダンスも衣装も、

本格的でメッセージ性が明確。

 

どんな人が見ても、温かい気持ちになります。

 

ミッキーとミニーが、

チューってしているのを見て、

老若男女、みんな笑顔になりますよね。

 

そんな幸せな温かい気持ちになりたいから、

何度も見たいし、

見るために何時間だって待てるし、

写真の撮り方だって上達するし、

夢が見れる、そんな価値のあるです。

 

それに気が付く人が増えてきたのだと思います。

 

 

おわりに

 

 

ディズニーはずっと変わらず、

夢と魔法の世界を見せてくれています。

 

進化もし続けて、

新しいショーやパレードが

どんどん生まれています。

 

残念ながら終わっていくショーやパレードもあって、

お別れに悲しい気持ちになることもありますが、

新しい形になって、新しい感動があるでしょう。

 

もし、「まだディズニー好きって言ってるの?」って

言われたら、ディズニーのショーやパレードの動画を、

見せてあげてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA