★ne-がコラム書いてるよ★

イーストサイド・カフェ。優雅な中でイタリアンを。

いつも読んでいただいて、

ありがとうございます。

 

どーも、

ねーです(^^)/

 

イーストサイド・カフェの前を通ると、

いつも行列ができていて、

「美味しいのかな?」

「何度も行きたくなるレストランなのかな?」

って、思っていました。

 

なかなか行く機会が無かったのですが、

先日、予約を取って行ってきました!

 

そしたら、なんてステキなレストラン!

そう思ったことを紹介します。

 

 

イーストサイド・カフェのココがすごい!

 

 

イーストサイド・カフェは、

ワールドバザールの東側、

つまり、イーストサイドにある、

カフェという意味なんですよ!

 

そんなイーストサイドカフェの

いいところ3つご紹介します。

 

★イーストサイドカフェのメニュー

★イタリアの地図の謎

★イーストサイドカフェを予約

 

それでは、詳しくみていきましょう!

 

 

イーストサイド・カフェがすごい理由

 

イーストサイドカフェの

すごいところを知れば、

ディズニーランドに行ったときに、

行きたくなりますよ!

 

 

★イーストサイドカフェのメニュー

 

 

こちらは、美女と野獣をモチーフにした、

シェフのおすすめセット(¥2,800)です。

 

内容は、

・帆立貝とチーズとミニトマトのマリネ、

ローズジュレ添え

・タリアテッレ、トマトクリームソース

ビーフとポルチーニのポルペッタ添え

・パン(写真撮るの忘れた!)

・アプリコットムースケーキと

チョコレートケーキ

 

2019年12月25日まで

 

ほかのイーストサイドカフェのメニューは、

パスタが4種類があります。

 

 

この写真はカルボナーラ。

 

パスタセットがあって、

前菜・パスタ・ソフトドリンクの中から

1つづつ選べて、食べ放題のパンがつきます。

 

サイドディッシュに、

ミネストローネとテリーヌがあるので、

お腹の空き具合や、体調によって選べますね♪

 

 

★イタリアの地図の謎

 

イーストサイドカフェで案内されると、

左側にイタリアの地図があるんです。

 

 

ほらね!

この地図の周りには、

こんなものも。

 

 

この絵の建物の屋根って、

イタリアによくあるドゥオモじゃない?

 

イーストサイドカフェがある

ワールドバザールがアメリカの設定だから、

イーストサイドカフェだって、

もちろんアメリカの設定なのに、

なんでイタリア?って思いますよね。

 

これが、イーストサイドカフェの

バックグラウンドストーリーです。

 

19世紀中期~20世紀のアメリカは、

ヨーロッパからの移民が多かった時代です。

 

そんな中、

イタリアのフィレンツェからきた人が、

『イタリアを感じられる場所を作りたい、

イタリア料理を楽しく食べれる場所を作りたい』

と作ったのが、

イーストサイドカフェなのです!

 

日本人からすれば、

アメリカの雰囲気も、

イタリアの雰囲気も楽しめます。

(境目がわかりにくいですが・苦笑)

 

 

★イーストサイドカフェを予約必須

イーストサイド・カフェは、

プライオリティ・シーティング対応店です。

 

レストラン予約ってことですね。

 

イーストサイドカフェは、

常に行列ができている大人気店なのと、

ワールドバザール内なのでアクセスがいいため、

かなり混み合います。

 

 

レストランの予約の仕方は、こちらから↓

【そもそもシリーズ】ディズニーのレストラン予約って何?

 

 

 

イーストサイド・カフェの場所はココ!

 

公式サイト引用

 

ディズニーランドのワールドバザールに入ったら、

最初の左手の路地に入っていき、

左手にあります。

 

 

イーストサイド・カフェのお店情報

 

 

イーストサイドカフェは、

テーブルサービス(テーブル注文)です。

 

座席数は、約240席。

 

”上流階級が集う”というだけあって、

全体的に優雅で、オシャレ。

思わず背筋が伸びます。

 

ヴィクトリア朝様式なので、

コテコテのドレスを着た貴族が

出てきそうな雰囲気です。

 

 

イーストサイド・カフェの周辺情報

イーストサイド・カフェの周辺には、

こんな場所があります!

 

★ワールドバザール・コンフェクショナリー

 

 

ワールドバザール・コンフェクショナリーは、

ディズニーランド最大のお菓子のお店です。

 

★三井住友銀行

イーストサイドカフェの目の前は、

銀行です!

すごくありがたいですよね。

 

現金引き出し、外貨両替などができて、

ATMが4台あります。

 

 

おわりに

 

 

イーストサイドカフェの内装は豪華なんだけど、

どこか親しみやすい、ホッとするようなお店です。

 

ディズニーはアメリカで生まれたので、

アメリカっぽいなぁって

感じる物が多いのですが、

ここはアメリカの中で生まれた

イタリアです。

 

そういう歴史があったことを、

大切に形にしている

イーストサイド・カフェで、

アメリカの中のイタリアを

見つけてみてください。

 

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA