★ne-がコラム書いてるよ★

ディズニーリゾートが再開したら!おすすめしたい過ごし方。

読んでくれてありがとうございます!!
最後までどうぞお付き合いください(=゚ω゚)ノ

どうも、ne-です☆

コロナウイルス感染拡大防止のため、
ディズニーリゾートは、
2020年3月から休園しています。

いつから開園するのか、
まだまだ先なのか、
期待が高まっていますが、
未定の状態が続いています。

早く再開してほしい、だけど、
安全で安心なディズニーだからこそ、
時間をかけて状況を見極めてほしいと、
思っています。

今回は、
「ディズニーリゾートが再開したら、
どんな過ごし方ができるのか」をお届けします。

3密を避けると、
何ができて、何ができなくなるのか!
考えてみました。

ディズニーリゾート休園の歴史

ディズニーリゾートは、
2011年3月東日本大震災のとき休園しました。

再開したのは約1か月後で、
運営時間は8:00~18:00。

ディズニーランドの中にいて、
「ゲストの数も多くないな」という印象でした。

運休しているアトラクションや
ショップ、レストランが多く、
大きな地震の爪痕を感じました。

まだまだ地震が頻発していたり、
のちに計画停電があったり、
不安な日々の中、ディズニー開園再開が
大きな希望の光だったことを覚えています。

【予想】ディズニーが開園したら

ディズニーリゾートが開園したら、
今までと同じ様に楽しめるのでしょうか。

コロナウイルス感染拡大防止のために、
3密を避ける対策をするでしょう。

今考えると、ディズニーリゾートは、
人と人の距離が近い場面が多いですよね。

アトラクションやレストランには、
洞窟みたいな狭いところに並んだり、
列を崩してぎゅうぎゅうになって並んだり。

他にも、開園待ち、ショー・パレード待ちなど、
同じ場所で何時間も待つこともあります。

こういうことから、
徹底的なコロナ対策をすると、
今までと同じ様に楽しめるのは、
まだまだ先になりそう。

人と人との距離を保ち、安全を確保するためには、
休止するアトラクション、レストランなどが、
あるのではないでしょうか。

そこで提案したいのが、ディズニー散歩!

アトラクションやレストランが閉まっていても、
時短運営だったとしても、
「あれも乗れない、これもできない」
って思うんじゃなくて、
今まで気が付かなかった発見をしましょう!

バックストーリーを見つけよう

ディズニーリゾートには、
エリアにも、建物にも、置いてあるものにも、
バックストーリーがあります。

今まで気にしてなかったことにも目を向けて、
発見して、見て、観察してみましょう。

ディズニーシーで何気なく歩いている橋は、
すべてに名前があって、意味やそこにある理由が
あるんですよ!

ディズニーシーのシンボルのプロメテウス火山は、
ディズニーシーにいると、いろんなプロメテウス火山を
見ることができるんです。

ディズニーシーには、7つのテーマがあります。

歩いて発見できて、注目してほしいことを特集してます。

ディズニーランドには、7つのテーマがあります。

歩いて見つけられるポイントを特集しています。

おわりに

アフターコロナ、ウィズコロナなど、
コロナウイルスと共に生きていかなければ
いけないかもしれません。

もし開園しても、今までのように遊べると思わず、
のんびり、ディズニーリゾート散歩をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA