★ne-がコラム書いてるよ★

ディズニーシーのダッフィーのフォトポイントを特集!散歩で巡る旅

読んでくれてありがとうございます!!
最後までどうぞお付き合いください(=゚ω゚)ノ

どうも、ne-です☆

東京ディズニーシーには、
イタリア、アメリカ、中東、南米などや、
また、時代も越えて様々な風景が広がっています。

そんな、ディズニーシーの中を、
ダッフィーとディズニーシーを散歩しませんか?

今回は、ダッフィーとお散歩するのに、
ピッタリのダッフィーのフォトポイントをご紹介します。

ダッフィーのフォトポイントとは

ダッフィーのフォトポイントとは、
ディズニーシーの特に眺めがいいところに、
ダッフィー専用の台があって、
そこにダッフィーを置くと、
素晴らしい写真が撮れるといスポットのことです。

写真の台を開けて
ダッフィーたちを乗せると、
ディズニーシーの風景とダッフィー、
ダッフィーと一緒に記念撮影できるんですよ♪

台には透明のヒモがあって、
ダッフィーたちが落ちないように
留める役割があります。

しかし!
たくさんの人が使うので、
どのフォトポイントも
ヒモが伸びてしまっています(´;ω;`)
ダッフィーたちを乗せるときは気を付けましょう。

ダッフィーのフォトポイントってどこ?

ダッフィーのフォトポイントはどこにあるかな?

1つずつ見ていきましょう!

1、イタリアの港町とダッフィー

ダッフィーのフォトポイント①
  • 場所:ヴェネツィアンゴンドラ付近
  • 何体置ける?:4~5体
  • 背景:行き交うヴェネツィアンゴンドラと橋、ミラコスタ
  • おススメキャラクター:ジェラトーニ

ヴェネツィアン・ゴンドラがあるエリアは、
パラツォカナルといいます。

ここは絵描きのジェラトーニの故郷でもあります。

ぜひ、ジェラトーニと里帰りしてくださいね♪

コチラも!

ジェラトーニのプロフィール【そもそもシリーズ】

ココはこんな場所

絵が飾ってあって、筆やパレットが置いてある場所と、
フォトポイントの台と2つあります。

絵はイベントごとに変わり、
公式サイトでも紹介されるので人気な場所です。

絵が飾ってある方にダッフィーたちを置くことと、
絵にちなんで絵描きのジェラトーニと
写真を撮るのがおススメ。

ココに注意!

①落下に注意

絵画が置いてあるフォトスポットのすぐ後ろは
ヴェネツィアン・ゴンドラが通る運河です。
強い風に吹かれると、
ダッフィーたちが運河に
落ちてしまう可能性
があります。

写真を撮るときは手早く!
人物も一緒の時は支えるようにしましょう。

②写り込みに注意

フォトスポットのすぐ近くには
背もたれのないベンチがあります。

広角で撮影すると、
ベンチと休憩する人も写り込みます。

たまに、フォトスポットとダッフィーたちが
あまりにマッチし過ぎてなのか、
ディズニー側が設置したオブジェだと思って
近寄ってくる人がいるんです(笑)

一声掛けるなりして、手早く撮影しましょう!

③後方に注意

フォトスポットの周辺は
ベンチがあったり、通路でもあるので、
撮影待ちが発生した時には
あまり広がることができず、
撮影してる人のすぐ後ろに立ってることもあります。

撮影に夢中になっていて
周囲の人にぶつかるってこともあるので
気を付けてください。

どの場所にある?

2、ニューヨークの街とダッフィー

ダッフィーのフォトポイント②
  • 場所:目の前がマクダックス・デパートメントストア
       横はニューヨークデリ
  • 何体置ける?:2体
  • 背景:マクダックス・デパートメントストアと行き来する多くの人
  • おススメキャラクター:クッキーアン、ダッフィー

2019年12月に新しく加わった
クッキー・アンが主役のフォトポイント。

ココはこんな場所

立て看板、カゴバック、パンケーキ、
こぼしちゃったはちみつ。
テーブルの上が、もうすでにかわいいです♪

このテーブルの上にクッキーアンを乗せて、
可愛らしく撮影しましょう。

ココに注意!

①ベビーカー・車イスの方に配慮する

リストランテ・ディ・カナレットへ降りるスロープに
フォトスポットがあります。

撮影していると、
通路をふさいでしまうので
こまめに注意しましょう。

②後方に注意

細い通路で撮影待ちすると、
撮影する人のすぐ後ろに立ちこともあるので
ぶつからないように注意してください。

どの場所にある?

3、アメリカと海とダッフィーと

ダッフィーのフォトポイント③
  • 場所:ケープコッド・クックオフの運河沿いの方の横
  • 何体置ける?:1体
  • 背景:タワー・オブ・テラー、SSコロンビア号、運河
  • おススメキャラクター:ダッフィー

ココはこんな場所

柵の上にダッフィーを乗せる台があります。

背景は、海とアメリカの街並みで
人の写り込みがないので
安心して撮影できます。

ココに注意!

①落下に注意

ここは、運河と道を隔てる柵の上に
フォトスポットの台が設置してあります。

後ろが運河なので、
落っことしてしまったら怖いですよね。

また、風が強く吹きぬける場所なので
台に乗せたダッフィーたちがかなり揺れます。

実はちょうどお腹の部分に、
ビニールひものようなものがあるので、
シートベルトみたいにダッフィーのお腹や足に
グルグルに巻いて、ダッフィーの姿勢を保ちましょう。

どの場所にある?

4、SSコロンビア号とダッフィー

ダッフィーのフォトポイント④
  • 場所:SSコロンビア号とケープコッド・クックの途中
  • 何体置ける?:2~3体
  • 背景:SSコロンビア号
  • おススメキャラクター:ステラルー、ダッフィー

ブロードウェイのダンサーになるのが
夢のステラルーをイメージした可愛らしいステージ。

アメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアは
ステラルーの夢が詰まってる所なので、
ぜひ、ステラルーと行ってみてください

コチラも!

ステラ・ルーのプロフィール【そもそもシリーズ】

ココはこんな場所

背景のSSコロンビア号まで距離がありますが、
船が大きくて、絵になる向きなので、
壮大な写真になります。

赤が映えるハドソン・リバー・ブリッジ
アメリカっぽさが演出できますよ☆

また、他のフォトポイントと違って
広場の中にあるので
安心して撮影できます。

ココに注意!

①落下に注意

この場所も、すぐ後ろが海なので
ダッフィーたちが風にあおられて
落ちてしまうことのないように注意してください。

②置き過ぎに注意

この場所には、他のフォトポイントとは違い
透明なヒモがありません。
また、
ステラルーと書いてある透明な板と
枠はまっすぐなので、
後ろに立て掛けられても、横の支えはありません。

ダッフィーたちを置き過ぎると
転げ落ちちゃうかも!?

写真のときは、風が強かったので
端っこのダッフィーとジェラトーニが
ステージから落ちないかヒヤヒヤしました・・・。

ステラルーのステージに乗せるのは2~3体、
残りは抱っこが良いでしょう(^▽^)/

どの場所にある?

5、ダッフィーたちの故郷ケープコッド

ダッフィーのフォトポイント⑤

この場所のフォトポイントは、
2体乗せられるワイド版です!

ココはこんな場所

④SSコロンビア号とダッフィーと同じで、
通路とは別に広場があるので、
通行人の邪魔にはなりません。

広がって撮影できるので
家族や複数人での撮影に向いています♪

ダッフィーのフォトポイントの下にタルがあるので、
そこにダッフィーたちを乗せると、
全員入れるのがポイントです。

全員を入れると、座らせたり立たせたり、
バランスを考えて動きのある写真にしてみましょう!

どの場所にある?

6、未来都市とダッフィー

ダッフィーのフォトポイント⑥
  • 場所:アクアトピアの前
  • 何体置ける?:1体
  • 背景:アクアトピア
  • おススメキャラクター:ダッフィー

過去の人たちが思い描いた未来都市である
ポートディスカバリー。

アクアトピアにダッフィーとお邪魔してみましょう!

ココはこんな場所

通路と1本奥(アクアトピア側)に通路があります。
その通路には、アクアトピアが眺められるようにベンチがあり、
その前の柵にダッフィーのフォトポイントが
設置されています。

フォトポイントの台はポートディスカバリーの背景に
ばっちり溶け込んでいるので
見逃してしまうかもしれませんよ~(* ´艸`)

ココに注意!

①落下に注意

柵の上にフォトポイントがあるので
柵の向こう側へ落とさないようにしましょう。

柵の向こう側は水ではなく、土ですが、
柵が大人の胸の高さまであるので
乗り越えるのは危険です(´;ω;`)

②順番待ちに注意

ケープコッド・クックと近いからか、
ダッフィーたちと散歩している人が多く、
この場所で撮影していると、
後ろで順番待ちをされることも。

ダッフィーたちと撮影してるのを見かけると
「私もうちのダッフィーたちと撮りたい!」と
思うのは自然なことで、
撮影してる人が呼び水となって
どんどん列が伸びる・・・ってこともあります。

どんなに楽しくても、
後方に気を遣い、すばやく撮影しましょう♪

どの場所にある?

7、古代遺跡とダッフィー

ダッフィーのフォトポイント⑦
  • 場所:ハンガーステージの入り口付近
  • 何体置ける?:1体
  • 背景:神殿
  • おススメキャラクター:ダッフィー、ジェラトーニ

背景は、川を挟んで向こう側のうっそうとした森林と
そのさらに奥の
『インディ・ジョーンズ🄬クリスタル・スカルの魔宮』の神殿で、
本当に秘境に来たような写真が撮れます。

ココはこんな場所

大人の目線の高さで撮影
下から撮影
ジェラトーニをアップで撮影

撮影する高さで、ジェラトーニの勇ましさが違う!?

背景の古代遺跡が、
「これから探検だーー!」って勇ましさが演出できます。

ここでは、ダッフィーとジェラトーニのボーイズを
連れて行きましょう♪

ココに注意!

①落下に注意

柵の上にフォトポイントの台があるので
ダッフィーたちを下に落とさないように
気を付けましょう!

カバンや他のダッフィーたちを持ちながら作業すると、
注意力散漫になって、落とす可能性が高まります。
荷物は一度下に置き、
乗せたいダッフィーたちだけ持つことをおすすめします。

②周囲に注意

このフォトポイントは、通路の脇にあり、
左右に小屋とワゴンに挟まれた場所にあります。

交通量が多いので、ちょっと休憩したい人や、
次にどこに行くのか決めている人が
ちょっと立ち止まれる場所でもあります。

どんな用途でも、
譲り合って使いましょう。

どの場所にある?

8、気持ちの良い海辺とダッフィー

ダッフィーのフォトポイント⑧
  • 場所:ジャスミンのフライングカーペットの前
  • 何体置ける?:2体
  • 背景:アラビアンコーストの海辺と停泊している船
  • おススメキャラクター:ダッフィー、シェリーメイ

アラビアンな風景と、運河と、船。
落ち着いた雰囲気で、
ほのぼのとした写真になります。

まさに、ダッフィーたちが旅行に出かけて
その途中の記念撮影みたい♪

ココはこんな場所

このフォトポイントは、
道幅が広い通路にあるので、比較的ゆっくり撮れます。
ダッフィーたちをいろいろなポーズで
かわいく撮ってみてください。

⑤ダッフィーたちの故郷ケープコッド
同じで2体乗せられるフォトポイントの台です。

くっついて撮るので、
なかよしな様子が演出できます。
ぜひ、ダッフィーとシェリーメイを
連れて行ってみてください♪

どの場所にある?

9、マーメイドラグーンとダッフィー

ダッフィーのフォトポイント⑨
  • 場所:マーメイドラグーンを川の反対側にある
       グロットフォト&ギフトの前
  • 何体置ける?:1体
  • 背景:マーメイドラグーン
  • おススメキャラクター:シェリーメイ、ステラルー、クッキーアン

背景は、マーメイドラグーンの美しいサンゴのお城の
かわいらしい色彩なので、
ぜひ、シェリーメイ、ステラルー、クッキーアンのガールズを
連れて行きましょう。

ココに注意!

①落下に注意

柵の上にフォトポイントの台があるので、
ダッフィーたちを落とさないように
注意してくださいね!

②後方に注意

この道は眺めが良いので、
フォトスポットで撮影をしていると、
「私もこの場所で写真撮りたい」と思って
後ろで待たれる場合があります。

ゆっくり撮りたい人は「先どうぞ」もアリです!

どの場所にある?

10、荒々しい火山とダッフィー

ダッフィーのフォトポイント(公式サイトから)
ダッフィーのフォトポイント➉
  • 場所:ミステリアスアイランドのヴォルケイニア・レストラン側
  • 何体置ける?:1体
  • 背景:プロメテウス火山の岩肌、ノーチラスギフト
  • おススメキャラクター:ジェラトーニ

プロメテウス火山の荒々しい岩肌と、
かわいいジェラトーニの相対する感じが楽しめます。

ココはこんな場所

このダッフィーのフォトスポットは通路の脇にあり、
マーメイドラグーンに向かう人、
メディテレーニアンハーバーに向かう人で、
多くの人が動いていますので、
あまり下がり過ぎずにサクッと撮影しましょう。

どの場所にある?

おわりに

ダッフィーのフォトポイントを巡ってみました!

自分のダッフィーたちを連れて
旅行のように撮影したくなりましたよね?

次回のディズニーシーは
ダッフィーのフォトポイントを巡るのも
いいですね(^▽^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA