★ne-がコラム書いてるよ★

再開したディズニーのコロナ対策『アトラクション』の動画で知ろう

読んでくれてありがとうございます!!
最後までどうぞお付き合いください(=゚ω゚)ノ

どうも、ne-です☆

再開するディズニーリゾートでは、
コロナ対策に対応するべく、
公式YouTubeで「アトラクションでのお願い」が
公開されています。

コロナ対策がされているディズニーリゾートは、
どうなるんだろう・・・

行く前に予習しましょう。

動画で紹介!再開のディズニーを楽しもう

どんなことに注意したらいいのか、
一緒に見ていきましょう!

ディズニーでアトラクションに乗るときの注意

ポイント

アトラクションに並んでいるときも、
乗っているときも、マスクを着ける!

Qラインが屋外・屋内かかわらず、
もちろん、乗っているときにも、
きちんとマスクをしましょう。

アトラクションでは、
安全バーを握りしめたり、
乗り降りするときに手すりを持ったり、
座る部分・ひじ置き部分を
無意識にも触れているものです。

人が触ったところを触った時は、
顔を触らない、降りたら消毒する
これを徹底しましょう。

無意識に口や鼻を触らないためにも、
マスクは大切です。

特に、小さい子どもは
立ち止まってる時間に
いろいろな部分に触れてしまうし、
マスクも嫌がってしまうかもしれません。

家族で約束事を作って、
小さい子どもも安全に過ごしたいですね。

Qラインはどう待つの?

ポイント

足もとにあるサインをよく見よう!

最近では、
日常でスーパーのレジに並ぶ時や、
銀行のATMで足元に立ち位置のサインがありますよね。

ついつい今までの癖で
前の人に近づいてしまいがちですが、
間隔をあけて並ぶことに、
慣れましょう。

パークでも、
立ち位置のサインはしっかりあります!
足元を確認して並びましょう。

★ココに注意!

サインはわかるけど、
実際どこに立つの?
何人くらい入れる?って問題。

動画では、
黄色い線につま先を合わせるように立ち、

線の場合は横に2人、
ボックスに囲まれたところは2~4人。
大人4人はぎゅうぎゅうになるので、
分かれた方がいいかもしれません。

大人数の場合、
足もとのサインに収まる人数が待ち、
入りきらなかったら間隔をあけて
分かれて待ちます。

このとき、
事前にペアを決めておくと
後ろの人を待たせずにスムーズですね。

アトラクションに乗るとき、気を付けることは?

Qラインであけた間隔を保ったまま
アトラクションに乗ります。

実際は、このようにグループとグループの
間隔をあけて、楽しむことになります。

今までと比べると
かなり広々と座れますね。

これはこれで、
贅沢な体験なんじゃないでしょうか。

出口には、消毒コーナーが設置されているので、
消毒を忘れずに。

シュッと手に吹きかけたら
次の人が消毒できるように
一歩でも横にずれてから、
手になじませるといいですね。

おわりに

アトラクションに乗るときって
早く乗りたくて、気が焦ってることが多く、
ついつい前のめりになってしまいます。

楽しいときでも、
1回冷静になって行動してみましょう♪

パークに行くなら絶対チェックしてね!