★ne-がコラム書いてるよ★

グランドニッコー東京ベイ舞浜。上質な過ごしやすさ!行き方や眺めも

読んでくれてありがとうございます!!
最後までどうぞお付き合いください(=゚ω゚)ノ

どうも、姉のne-です☆

元『東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート』が、
2020年オークラ系列の『グランドニッコー東京ベイ舞浜』に生まれ変わりました!

実際泊まったne-が詳しくご紹介します。

グランドニッコーの場所はココ!

https://www.tokyodisneyresort.jp/hotel/oh/grandnikko.html

グランドニッコーは、
ディズニーオフィシャルホテル群の中心にあります。(写真の③)

ベイサイドステーション(モノレールの駅)から徒歩で2~3分と好立地。

グランドニッコーへ車で行く

グランドニッコーは、
全部で319台が停められる大きな駐車場があります。

立体ではなく平置きなので、
日陰が無いけど、車からの物の出し入れが楽です。

駐車場の料金
  • 1泊 ¥3,100
  • 2泊目 ¥4,300
  • 3泊目以上 ¥5,500
  • 到着日の7:00~出発日13:00
  • 利用時間外 30分¥300の追加料金
  • ご婚礼 6時間まで無料(以降30分¥300)
  • レストラン 3時間まで無料(以降30分¥300)

チェックアウト日は、
13時以降が料金が発生してしまうので、
注意が必要です。

グランドニッコーの駐車場への行き方は、
こちらです。

行き方はピンクの矢印です。

ディズニーランドの駐車場を通り越して、
左側にピンク色の横に長いグランドニッコーが見えてきたら、
信号を左へ曲がります。

左折したらすぐに駐車場入り口があるので、
スピードを上げずにゆっくり進んでください。

写真の『IN』の場所に入っていきます。

『IN』に進入すると2つに分かれます。

左側の坂は、3階の車寄せへで荷物の出し入れができて、
右側の直進は、駐車場の入口へと続きます。

駐車場入り口に行く間に、
バス停があってバスが出入りしたり、
駐車場に行くための横断歩道があるので、
注意してください。

駐車場へは、写真のピンクのマルの場所に入口があります。

駐車券を受け取って車を駐車して、
フロントへ渡してください。

帰るときは、きいろのマルの料金所から出ます。

すぐ右折(左折厳禁)して、バス停を通り越し、
右折して道路へ出ます。

グランドニッコーへ電車で行く

電車で宿泊に行くとき、
舞浜駅からグランドニッコーへ行く場合は、
2パターンあります。

モノレールで行くか、
ホテルに行くバスに乗るのか、です。

①モノレールで

舞浜駅の改札を出て左のイクスピアリ方面に行き、
ディズニーリゾートラインに乗り、
2駅目のベイサイドステーションで降ります。

ディズニーリゾートクルーザーという、
ホテルとベイサイドステーションをピストン運行しているバスに乗れます。

バス停の5番でグランドニッコーへ行けます。

②舞浜駅からバスで

舞浜駅の1階ロータリーから、
グランドニッコーへ直行するバスがあります。

しかも、無料で!

このバス停は、他の近隣ホテルに行くバスもどんどん来ます。

時刻表はこちら

グランドニッコー情報

グランドニッコーの特徴は、こんな感じ。

グランドニッコー
  • 解放感が半端ない
  • 過ごしやすい場所がいくつもある
  • 元々は別のホテルだった?!

ホテルに入ると、
高さ37メートルもある広い吹き抜けに圧倒されます!

屋内に入ったのに外にいるみたいな解放感があって、

フロントの目の前は、ラウンジになっています。

左の方にはディズニー映画が流れているキッズエリアで、
右の方にはソファーが続いています。

荷物を整理したり、身支度をしたり、
チェックインやチェックアウト、トイレ待ちなどに、
ここにいても苦になりません!

このホテルはもともと、
『東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート』というホテルでした。

2020年4月から『グランドニッコー東京ベイ舞浜』に変わり、
看板、部屋、吹き抜けなど、徐々に改装されています。

我が家はクラブリゾートが大好きで、
よく宿泊していました。

宿泊料が安かったのと、
スタッフの方との程よい距離間が心地よくて、
定宿にしていました。

フレンドリーなスタッフの方と話をしたり、
宿泊した次の週にまた宿泊したら
「先週もご宿泊されましたよね?ありがとうございます!」って
スタッフの方に声をかけてもらったり、
『ディズニーに近い第2の家』みたいな感覚のホテルだったんです(笑)

そんなクラブリゾートが
無くなってしまうのはとっても悲しいことでした。

グランドニッコーになってからは、
スタッフの方は変わったようですが、
温かい接客と大好きな解放感のある吹き抜けが
健在でほっと一息。

しかも、2021年6月に宿泊してみると、
チャペルやラウンジが美しく変身していました。

新しくなったグランドニッコーが、
『新・ディズニーに近い第2の家』になりました!

ニッコーデラックスファミリールームに宿泊しました。

今回は、ニッコーデラックスファミリールームという、
最上階の広い部屋に宿泊しました!

さすが、ニッコーグループのラグジュアリーな部屋!という感じで、
感動レベルの快適な滞在になりました。

部屋の詳細
  • ニッコーデラックスファミリールーム
  • ニッコーラウンジ利用
  • チェックイン13:00~
  • チェックアウト12:00

この日は、朝9時過ぎに車でグランドニッコーに到着。

チケット確定プランで宿泊予約を取ったので、
まずはチェックインしてチケットを受け取り、
ディズニーシーへ!

その日は19時閉園と早く閉まってしまうから
最後まで遊ぼうと思っていたのですが、
思ったより疲れたので、
17時半くらいにはホテルに戻ってきました。

我が家は、
グランドニッコーのワンハーモニーという会員になっていて、
貯まっていたポイントで部屋をグレードアップしました!

すると、こーんな部屋でした!

広くて、明るくて、過ごしやすい!

スーツケースを2つ持って行ったのですが、
それぞれ広げても横を通れるくらい広いんです。

部屋からの景色

よく、部屋のタイプでオーシャンビューとか、
ディズニーパークビューって言いますよね。

だけど、この部屋はオーシャン&ディズニーパークビューでした!

右側のホテルの間に海が見えるのと、
ディズニーランドホテル、ディズニーランド、ディズニーシーが、
よーく見えます。

両方見られるなんて、贅沢な気分♪

目の前には、ディズニーシーの新テーマポート、
ファンタジースプリングスの工事が進んでいます!

どんな冒険ができるのか、楽しみですね。

トイレ

何気に嬉しかったのが、
トイレが2つあること!

そのうちのひとつは、ユニットバスとして
湯船のとなりにあります。

お風呂に入る前にトイレに入りたいですもんね。

ナイトウエア

グランドニッコーのナイトウエアは、
100%コットンのオリジナルのもの。

着心地は、柔らかすぎず固すぎず、
肌あたりが良い記事です。

父と私は肌が弱いので、
少しでもチクチクしたり、擦れて痛くなったり、
そんなトラブルになりやすいのですが、
問題なく快適に寝ることができました!

ナイトウエアは、上下セパレイトタイプです。

モデルは、身長154センチの私!

手も足も、少し長めでダブダブしてますが、
特に気になりませんでした。

肩の縫い目が無いので動きやすいし、
襟が首を優しく包んでくれて、
とっても気持ちがいいですよ!

ニッコーラウンジ

グレードアップした部屋が、
ニッコーラウンジ利用可能でしたので、
早速行きました!

落ち着いていて、品のある空間!

ここでは、自由に飲み物と軽食が頂けるのと、
雑誌や新聞が読めて、
のんびりくつろげますよ。

私のおすすめドリンクは、
なっちゃんアップルの炭酸と、
アイスカフェラテ。

なっちゃんアップルの炭酸は、炭酸がキツ目の甘いリンゴジュースで、
アイスカフェラテは、味わい深いのにさっぱりしていて、
よく飲んでいました。

ラウンジを語る上で外せないのは、
ラウンジから見えるこの景色!

左側はオークラ、トイ・ストーリーホテル、ヒルトンが見えて、
左側は東京湾が広がっています。

いつまででも見ていられて、
動いていないようで一瞬たりとも同じ景色は無い、
景色が広がっています。

さいごに

グランドニッコーは、
オークラニッコーホテルズと言って、
”日本ならではのきめ細かなおもてなしを世界で展開するグループ”で
世界中にある高級ホテルです。

ディズニーでワクワクする気持ちや、
ディズニーで疲れた体を包み込んでくれる、
そんな心地よさとサービスの良さを感じるホテルです。