★ne-がコラム書いてるよ★

寒さに震えながら買った防寒グッズ。冬のディズニーで必要だったもの

こんにちは★
数あるサイトの中でスプソンを
選んでくれてありがとうございます。

野獣の城に住みたい、姉のne-(ねー)です☆

ディズニーの夜の楽しみと言えば、
光がキレイなパレードやショーですよね!

だけど、
これからの寒い季節になると
待ってる間に
カチコチに凍っちゃう・・・

そうならないために
ディズニーで買ったものを
紹介します!

風邪ひかないように、
寒さで具合が悪くならないように、
ディズニーで寒さ対策をして
美しい夢と光のエンターテイメントを
すこやかに楽しみましょう。

冬の夜のディズニー、どのくらい寒いの?

ディズニーシーで見れるビリーヴ

冬は寒いものですが、
ディズニーの夜は芯から冷えます。

それは、海に近いことや、
まわりに高い建物に囲まれていないなど
様々な理由がありますが、

風が冷たいこと、
その中でジッとし続けていること、
それが大きな原因だと思います。

千葉県の年間平均最低気温

11月 9・9℃

12月 4.9℃

1月 2.4℃

2月 2.8℃

気象庁 過去の気象データより

この気温は、時間帯で言うと
パレードやショーが
開催される19:00ごろです。

気温10℃以下は、
厚手のコートなどのしっかりめの防寒が
必要なくらい寒い状態です。

温かい日差しが無く、
北からの冷たい風が吹くと
体感はもっと寒く感じます。

防寒しないと
凍ってしまいそうですね。

パレードやショーは、
所要時間が約30分。

良いポジションで見たい、
見れる場所が無くなっちゃう、という場合は、
数時間前から外で待ってることになりますよね。

そんなとき、
ディズニーで実際に買ったグッズで、
温まったって思ったものをご紹介します。

震えながら買った温かそうなグッズ

防寒していったつもりだったけど、
びっくりするくらい寒かったとき
ディズニーで買ったグッズを紹介します。

クッション

ロッツォのクッション(右) ¥2,500

座って夜のパレードを見ようとしたとき、
おしりがめっちゃ冷たい!

地面や石垣は、
座っていても温まることはなく、
ずっとキンキンに冷たいんです。

がまんできなくなって、
買っちゃいました。

ポータブルクッション

こちらもクッション。

やっぱりおしりからくる冷たさって耐えられません。

でも、ポータブルクッションで
さっきまでの冷たさがウソのように
体温を取り戻すことができました。

パーカー

パーカーを買った日は、
想像以上に寒くてパレードの前に
買いました。

パーカーを着てチャックをしめて、
フードをかぶると頭も首も温かくて
命拾いしました。

軽くて荷物にならないから、これだけは持ってて!

「夜までいないかもしれない」けど、
これだけは、軽くて荷物にならないから、
バッグに入れておいて!

ストール

薄手でいいので、
ストールがあるといいですよ。

冷たい風が首に当たらないだけで
体温が守られます。

”首、手首、足首を温めるといい”って
よく聞きますけど、
これって本当だなって実感します。

カイロ

カイロを持ってるだけで、
顔も、手も、足も、
当てて温まることができます。

貼るタイプでも、
貼らないタイプでも、
充電できるカイロでも。

ひとつでいいんです。

軽いので、
バッグに入れて損はないです!

朝、身に着けグッズを買うなら

入園してから、
カチューシャや帽子を買って
ディズニーを楽しんでいる方が
多いと思いますが、

そのときに、
防寒を意識してみると
夜になって、
温かいものを選んだ自分に感謝することでしょう。

ファンキャップ

キャラになりきれるグッズとしても大活躍♪

ファンキャップは、
頭をすっぽり覆うので
かなり温かいです。

冬の日中や暖かい日は、
汗だくになるので注意してください。

かぶっていると重くて
だんだん後ろに下がってくると、
首がかくれて首も温められます。

ブランケット

パークで買うブランケットは、
ぶっちゃけお高いんですが・・・
デザインが素敵なんです!

敷いてもよし、
足に掛けてもよし、
肩から掛けてもよし。

使い勝手が良くて
おすすめです。

手袋

ディズニーの手袋は、
種類が増えましたよ!

推しキャラや好きな色で
選べますね。

手袋をしていたら
手が温まっているので、
パレードやショーが始まったとき
スマホやカメラを
自在に扱えますよ。

冷えていたら、
手が固まってて思ったように
動かせないですからね。

さいごに

寒い冬のディズニーに開催される
パレードやショーは
他の季節では味わえない
美しさがあります。

その分、環境は過酷で、
体調を崩すくらい寒いです。

だから、寒さを我慢せずに
ディズニーで暖かグッズを買って
熱く感動しましょう。