★ne-がコラム書いてるよ★

細かすぎて伝わらない?ディズニーで過ごす夏の要注意なポイント!

読んでくれてありがとうございます!!
最後までどうぞお付き合いください(=゚ω゚)ノ

どうも、姉のne-です☆

夏は、暑さ!汗!が最大の敵です(笑)

暑さ対策でディズニーに持っていくと、
「あ~やっぱりアレ持ってくればよかった・・・」
「日常はコレで暑さ対策できるのに使えなくて荷物になっちゃった」

って、ことがよくあります。

大好きなディズニーに行く回数が多い私たち家族は、
より快適に過ごすために、
試行錯誤を繰り返しています!

今までこちらのサイトやSNSに
細かすぎて出すほどじゃないけど、
実は、家族の間で「ダメだったね」って
思っている暑さ対策をご紹介します。

夏の暑さに負けたくない!

日常生活で暑さ対策をしていると思いますが、
なんでそれがディズニーで通用しないのかというと・・・

野外にいる時間が長いから!

8時間も野外にいて、
歩き回ることってあまりないですよね。

そうすると、汗の量も、浴びる日差しの量も、
変わってきます。

だから、日常使っているアイテムが
使い物にならない・・・なんてことも。

本当に細かいことだけど、
これ、だめだったな~って思うことをまとめてみます。

参考になれば幸いです。

メガネ問題

メガネは、ずり落ちてくる!

私は、日頃からメガネをかけているのですが、
メガネをしていると、落ちてくるんです。

何で落ちてくるかといえば、

目頭や耳の辺りって、
汗をかきやすかったり、貯まりやすい場所。

ずっと外にいると、
常に汗をかいている状態だから、
スルスルとメガネが落ちてくるんです。

いつも、
「コンタクトにすればよかった・・・」って
思うんです。

変えるポイント

可能ならコンタクトレンズにしてみよう!

サングラスは鼻の接地面が広いものを選ぼう。

夏の黒は命取り問題

黒い洋服、黒い物って暑い!

黒色って太陽の熱を吸収してしまうって、
よく聞きますよね。

本当に黒色の服や黒色の物は、
やけどしそうなほど熱くなるんですよ!

これ大げさじゃなく、
本当に暑いんです!!!!!

黒いサンダルを脱いで炎天下に1時間くらい置いていたら、
(ショー待ちでサンダルを脱いでレジャーシートに座ってました)
アスファルトと同じくらい熱くなっていました(;^ω^)

列に並んだり、ショー・パレードを待ったり、
一日歩いているだけでも、
靴やサンダルが黒かったら、
太陽の熱をため込んでしまうんです。

帽子や日傘を使いますが、
日光から上半身は完全に隠せても、
足元は隠しきれないんですよ。

足がジリジリ熱くなるし、
黒い靴だったら
「ホッカイロでも貼ってたっけ?」っていうくらい熱くなるし、
夜にシャワーを浴びたら日焼けのヒリヒリを感じるやつです。

靴・サンダルを黒にすると、
熱を集めやすいことは、
忘れないでください。

変えるポイント

洋服・物・靴・サンダルは、
黒を選ばない!

いつものサンダルが・・・問題

一度も靴擦れしたことないのに、
なんで痛くなるんだー!

日頃よく履いているサンダルや
地元や近所に行くためのサンダルって、
履き心地がよくて、痛くないですよね。

「このサンダルでディズニーに行けば足が痛くならないから、
これで決まりだな!」

そう思って決めたサンダルって、
ディズニーにいるときにだいたい靴擦れします。

それは、歩く距離が全然違うから!

日常の通勤・通学・近所のお買い物と違って、
ディズニーは1日中歩きます。

私は、買ったばっかりのサンダルで
半日ショッピングモールでお買い物をしたので、
これはディズニーでいける!って思ったのですが、
「あれ?いつも靴擦れしないのに!」って
びっくりしました。

変えるポイント

長い時間、歩いたことのある靴やサンダルを
選ぶのがポイント。

 

それでも体調によっては、
靴擦れしてしまうかもしれないから、
大き目の絆創膏は持っておきたい!

汗染みがハズい問題

ディズニーでの汗染みは、
朝からやってくる!

ディズニーで攻略したいのは、
野外・1日中(7~8時間)この2つのポイントです。

夏の野外に長い時間いるということは、
いつも汗をかいて、たくさん汗をかくということ!

洋服の色が変わって当たり前です。

黒や白の服を着ていても、
「結構、汗をかいてるな~」ってわかります。

★妹のyouの話

当時はコロナ流行前。
開園してすぐに
ビックサンダーマウンテンに行きました。

 

アトラクションに乗るもの先着だから
朝イチの空いてる時間に行きたかったんです。
いつもの~んびり歩く妹は
気持ち速めに歩いたので
息が上がって、うっすら汗かき。

 

そんな時に目に入ってきた前に並んでいた男性。
その背中がリュックを外さなくても
分かるほどに汗染みになっていたんです。

 

「私も汗すごそう」


心配性の妹は背中を確認してくれと焦ってて…
結果。
妹もリュックを背負っていたので、
接する部分の腰と肩が汗をかいて
洋服の色が変わってました。

妹は「恥ずかしい~(/ω\)
朝からこれじゃ汗引くことないから、
羽織るもの買ってくる!」って

ビックサンダーマウンテンを楽しんですぐ、
プーさんコーナー(ショップ)に行って
ティガーのシャツを買ってました。

あまり汗をかかないyouが、
ここまで汗をかくのが珍しいんですよ。

だからか、汗染みの経験もなくて、
とっても恥ずかしかったそうです。

あまり汗をかかない人でも、
油断大敵ですよ!

変えるポイント

汗で濡れても色が変わりにくい、
乾きやすい素材
の洋服を選ぶこと!

 

リュックは体に密着して汗染みを作りやすい!
体に接する面が少ないバッグに変えてみよう。

タオル問題

タオルはビックサイズに!

タオルって、手を洗ったときに手を拭いたり、
汗を拭いたりするのに必須のアイテムです。

ディズニーにいると、手洗いや汗を拭く回数が多い!

コロナ禍では、それに加えて、
マスクの中の汗や湿気で顔を拭くことが増えました!
(顔汗がすごい私だけ?)

そうすると、
小さいサイズのタオルだと、
乾く前にまた使うことになって、
間に合わないんですよ。

変えるポイント

上の写真でいうと、
左のタオルより右のタオルが夏向きです!

 

ディズニーでイベントのロングタオルが売っているので、
それを使うのもいいかも!

ニオイ問題

汗のにおいは最小限にしたい!

どうしても汗をかいてしまうけど、
気になるのはニオイ対策です。

夕方になると、しっとりした洋服や
強い日差しを浴び続けた皮膚から、
夏に1日ディズニーで楽しんだ臭がしてきます(;^ω^)

汗のにおい対策は、
一緒にさっぱりして、こもった熱を発散させて、
ひんやり気持ちよくなりたいですよね。

汗拭きシートで首や脇、腕などをしっかり拭くと、
臭いの元から取り除けます。

いつも使っている、
スプレーやボディジェルも持っていきましょう!

ひとつだけ注意!
スプレーで噴射したものが
風にのって近くにいる人に
かかってしまうことがあるので、
人のいないところを選ぶのがポイント。

変えるポイント

まめに汗を拭いたり、体を拭いて、
ニオイを発生させないようにしよう!

さいごに

細か過ぎて伝わらないかもしれませんが、
夏は大量の汗がさまざまな問題を引き起こします。

その問題を解決するために、
アイテムが必要だったり、
いつもと変える必要がありますが、
暑い夏に少しでも快適にディズニーを楽しむなら、
知っておいて損はないですよ!

是非、ディズニーに行く準備のときに
チェックしてくださいね。