★ne-がコラム書いてるよ★

【案内役必見】久しぶりに行くディズニーの友達を案内しよう!

こんにちは★
数あるサイトの中でスプソンを
選んでくれてありがとうございます。

野獣の城に住みたい、姉のne-(ねー)です☆


友達と話していて
「ディズニーに最近行ってないな」
って話になりませんか?

そうすると
「ディズニーに一緒に行こうよ!」って
なるのが自然な流れですよね。

よく聞いてみると、
その友達がディズニーに行くのが久しぶり。

だから、私が案内することになった!!!
ってなったらどうしますか?

私もそこまで詳しくない・・・
って思ったあなたにお届けしたい!

15年以上のディズニーオタクのne-(筆者)が
5回以上アテンドした経験を
まとめてお伝えします!

ディズニーに行こうよ!っていう流れ

何度見ても飽きない、シンデレラ城

「ディズニーに行こう。連れてってよ」
って言われたこと、ありますか?!

大切な人を大好きなディズニーに
案内できるとなると、
張りきるし、ワクワクしますよね♪

「あれに乗りたいよね!」
「これが食べたい!」
「夜はあのショーや
パレードが見たい!」って、
やりたいことが溢れてきます。

話題にあがったタイミングで
具体的に行く日を決めて、

近い日付だったら
天気予報を見てみたり、
混雑予想を見てみたり、

ディズニーのHPで今やってる
イベントやグッズなどをチェックすると、
ディズニーに行くことが
もっとリアルに感じられますね。

脳内はもうパークへ行ってます(笑)

この瞬間が一番楽しい!

でも、ちょっと待って!

ディズニーを案内するって
思った以上に難しいんです。

筆者のne-は楽天家なので、
案内する相手は友達だし
ノープランでいいやって考えてたら、
けっこう苦戦しました。

なにがどう難しいのか
一緒に見ていきましょう!

コロナ禍になってからディズニーに行ってない

距離をとっての写真撮影

今パークへ行くとしたら、
コロナ対策はイヤでも
考えなきゃいけないことです。

コロナ禍の2020年から約3年で、
コロナ対策が緩和されたり、
新しいシステムが入ったり、
だいぶ変わりました。

ゲストとの距離

コロナ対策の”距離をとる”というルールが
緩和されてきました。

2022年12月現在。
2m間隔をあけることはなくなり、
他のグループとは触れ合わないように
キャストに言われます。

たくさんのゲストがショーを見てる!

実際体験すると、かなり近いです。

普段から満員電車や、
学校・職場などで集団行動していると
気にならないかもしれませんが、

もし混んでる場所を避ける生活をしていたら
抵抗あるかもしれません(^^;)

キャラクターとの距離

パークでゲスト同士の距離が縮まって
キャラクターに会っても
同じように距離を詰めたくなりますが・・・

まだハグやくっつくことができません。

グリーティングは
施設で行ってるものと、
場所も時間も非公開の
フリーグリーティングがあります。

グリーティング施設では、
足元にある線を越えて
キャラクターに近づくことはできません。

2022年11月1日から
ハイタッチができるようになり、
サインを書いてもらえるようになりました。

キャラクターと一定の距離をとってます

歩いていると偶然出会う
フリーグリーティングは、
キャラクターの隣に行って
腕を組んで写真を撮ったり、
ハグやハイタッチはできません。

近くにキャストがいて、
「ここまでなら近づいていいですよ」
って教えてもらえるので、
それに従いましょう。

大事なポイント!!

コロナ前の感覚でいると、
戸惑ってしまう瞬間も場所も
あると思います。

キャストの説明を聞くのが大事です。

テンションが高くなって、
自分たちのおしゃべりが止まらなくて
キャストの話を聞いてない人が
よく間違えている傾向にあります。

パークは楽しむための場所だけど
ルールがあってこそ。

みんなが安全に楽しめるように、
わからなかったら人に聞く、です。

ディズニーを案内する心得

着いてきて~!

友達をディズニーに
5回以上案内してきた私ですが、
ディズニーの1日が楽しい日になるように
知っておいてほしい心得があります。

これは、案内役のメンタルを
保つためのものだと思ってくださいね。

自分流を通そうとする?!

初めて案内役をした時の話。

私の中では、
あのアトラクションに並んで、
次にグリーティング施設に行って…と
効率重視でたくさん回れるように
スケジュールを考えていました。

だけど友達は、
「前に来たときに、
大きな花とか、トランプの人がいる
レストランで食べたから、
そこに行こうよ」と、
混み合う時間帯に提案してきました。

いや、私が決めた予定が崩れていく・・・
そうガッカリしてしまいました。

しばらくモヤモヤしましたが、
「楽しむためにパークにいるんだ」と、
予定は絶対じゃないし、
友達にはやりたいことをして欲しいので、
クイーン・オブ・ハートのバンケットホールに
行ってご飯を食べました。

他の友達にも言われたことですが、
「前にこのレストランで食べたから」
「前にここでパレードを見たから」
「前にご飯を食べたあと
このアトラクションに乗ったから」

前にやったことを
またやろうとします。

案内してって言った割には、
自分のルーティンを繰り返そうとするので
その通りにするのも手だと思います。

待ち時間が長くても苦じゃない?

ディズニーオタクとしては、
いかに少ない待ち時間で施設を
まわるかを考えている
ので、
60分以上は待ちません。

だから、
「トイマニが80分待ちだから
あとにしようか」と言うと、
「並ぼうよ」って言うんです。

長時間並んでいて、
足は痛かったのですが
友達と話していると
時間はあっという間でした。

並ばないように、
疲れないように、
って予定を組んでも、
並ぶことに抵抗がない人もいます。

3割できればいい!

ディズニーに行く話をしていると、
なにに乗りたいのか、
ショーやパレードは見たいのか、
話になると思います。

例えば、
ソアリンには乗りたい、
チュロス食べたい、
って決まってきて、
自分の中である程度プランを立てますよね。

朝イチにソアリンに行って、
午後にチュロスを食べる、
ってプランを考えていたのに、

入園して「チュロス食べよう」って言われたり、
「まずはソアリンに行こう」と言っても、
後回しにされたり、

そういうプラン通りにいかないことは
よくあります。

プラン通りにいかないと
自分の不満がつのっていきます。

「そうじゃないのに」って気持ちは
楽しくない気持ちの元に
なってしまいます。

それより、
午後でも、長い時間並んでも、
今日中にソアリンに乗れたらいいか、
ご飯食べるところにチュロスを売ってれば
そこで食べてもいいよね、
くらいに気楽に思っていましょう。

案内ロードマップ

案内するのは
ワクワク7割、不安が3割。

だから、ディズニーの中で
楽しみそびれないように、
どうやって過ごしたらいいのか、
選び方を紹介します。

何時に入園する?

開園待ち or ゆっくり入園

入園する時間によって、
できることが変わってきます。

それぞれのメリット・デメリットで
何時に入園しようか決めませんか?

開園待ち派

メリット

  • 混む前にアトラクションに並べる
  • 人が少ない景色を撮れる
  • 先着順(スタンバイパスなど)に有利

デメリット

  • 8:15の開園前に到着していなきゃいけない(朝が早い)
  • 開園時間が間近になると荷物検査で混む

ゆっくり入園派

メリット

  • 好きな時間に入園できる
    (ゆっくり準備できる)
  • 入園に並ばなくていい

デメリット

  • 園内がすでに混んでいる
  • 先着順(スタンバイパスなど)が不利
  • ディズニーで過ごす時間が少なくなる

どのアトラクションに乗りたい?

アトラクションは好き嫌いが
別れますよね。

まずは相手の嫌いなものをリサーチします。

そうすることで、
いやなことをする時間を避けられますね。

  • 嫌いな乗り物は?
    (スピード系はいやだ、
    スクリーンを見て動く系は酔いやすいなど)
  • 絶対乗りたいものは?
  • 並んでもいい?並びたくない?
  • 乗ったことがないけど乗ってみたいものは?

どこでなにを食べる?

ディズニーには、
いろんなタイプのレストランがあります。

食べるものでディズニーを感じられるから
じっくり選びたいですね。

  • プライオリティ・シーティング
    予約が必要なレストランで、
    見た目も美しいコース料理が食べられる。
  • カウンターサービス
    好きな料理を選んで支払い、
    自分で席を確保するスタイル。2種類ある。
    ①セットメニューは満足できて、
     雰囲気がある場所で食べられる。
    ②チキンレッグやチュロス、
     ドリンクなどワンハンド系。
     テーブルとイスが少ないところもある。

単品、セット、コース、
スーベニアグッズ付きなど
金額に大きく差がでるので
食事にどのくらいお金をかけるのか
聞いておいた方がいいですよ。

スーベニアってなに??

ショー・パレードは観る?

日頃から舞台やライブに行かない人は、
ディズニーに行っても、
ショーやパレードに
興味を示さないかもしれません。

私の友達は、
「ショーやパレードは
待って観てる時間が
もったいないから観ない」と
言っていました。

なので、
プランには入れていなかったのですが、
通りすがりにパレードを見ると、
立ち止まって最後まで観ていました。

キラキラした目で、
「パレードってキレイなんだね」って
言っていたのが印象的です。

ディズニーキャラクターの出演や
わかりやすい内容なので、
身構えずに観るように
おすすめしても
いいのかもしれませんね。

もしかして、
ハマってしまうかもしれません!

ショーは、
エントリー受付といって、
抽選してみましょう。

はずれたら観れませんが、
当たったら物は試しで
行ってみてくださいね。
(時期によっては自由席あり)

ディズニーランドのパレードや
ディズニーシーのハーバーショーは、
エントリー受付をしなくても見れます。

エントリー受付ってなに??

自由席ってなに??

ディズニーチャレンジ!やってみよう。

アトラクションで楽しむ、
ご飯を食べる、
ショー・パレードを観る、
それ以外にももっと楽しいこと、
やってみませんか?

グリーティング施設に行ってみない?

ディズニーには、
キャラクターと会って
コミュニケーションが取れる
施設があるんです。

キャラクターがこっちを見てくれて、
洋服や身に着けグッズを褒める
ジェスチャーをしてくれるから、
盛り上がりますよ。

キャラクターと会ったこと、
話したことは思い出深く残って
もしかしたら、
ディズニーに来た感が
一番感じられるかもしれません。

身に着けグッズをしてみない?

身に着けグッズは、
ディズニーを楽しむのに
必須アイテムなんです。

カチューシャ、ファンキャップ、
ヘアバンドなどがあります。

入園直後は、
「別にしなくたっていいよ」
って思いますが、

歩いて、乗って、食べて、
身につけてる人を
1日何度も見ていると…

「カチューシャかわいいな」
「あのヘアバンドならいいかも」
「おそろいしたいな」って
選んでいるものです(^▽^)/

そうしたら、
近くのショップでお目当ての
身に着けグッズを買いましょう。

きっと、
もう帰りたくなくなっているかも
しれません。

気に入った身に着けグッズは、
いつも売っている物では
ないかもしれません。

偶然、
ディズニーに行ったときに
出会って気に入った物で、
もう出会えない(売切れなど)
かもしれないので、
大事に保管しておくのがおすすめ。

レアグッズになる可能性もありますよ。

次、ディズニーに
行ったときにしてもいいですよね。

さいごに

友達を案内するって、
ディズニーを楽しんでもらいたいから
不自由のないように気を遣うし、
頭も使うから、心も体も疲れます。

やり残したことも、
食べ忘れたものも、
あるかもしれません。

だけど、友達が楽しんでいる姿を見ると、
一緒に来れてよかったなって思うものです。

立てたプランを100%を目指さず、
でも、120%楽しめるように!

いってらっしゃい!