★ne-がコラム書いてるよ★

ディズニー開園待ちの暗黙ルールをご紹介。準備して楽しもう!

いつも読んでいただいて、
ありがとうございます。

どーも、
ねーです(^^)/

皆さんは、開園待ちしたことありますか?

私は、月に1度以上開園待ちをします。

開園待ちは、正直しんどいです(;^_^A

早起きしなくちゃいけないし、
暑くても、寒くても、雨の日も風の日も、
気候によって持ち物も変えなきゃいけない。

開園待ちをして、風邪をひいたこともあります。

なぜ、大変な思いをして開園待ちをするのか。

それは、開園待ちをして早く入園すると、
メリットがたくさんあるから!!

そのメリットのためなら、
早起きをして、完璧に準備をして、
思う存分ディズニーを楽しみ尽くします♪

開園待ちをして試行錯誤した私が、

開園待ちをするときのコツを、
すべてお伝えします!

コロナ対策の開園待ちの詳しくは、
こちらから↓

コロナ対策の開園待ち。ディズニーランドの入園の流れはこれ。

午前5時!敷地に入れます!

「一番前に並んでいる人は、
何時に来たんだろう」って思いません?

その答えは、午前5時!

ディズニーリゾートの敷地内に入れるのは、
午前5時からなので、
それを待つ人もいるんですよ。

ホテル滞在組、車で待機組など、
朝、いや深夜から敷地外の近くで
待っている人もいます。

特に混むシーズンは、
5時台には、開園待ちしていた方が安心です。

並ぶ場所の確保

並ぶ場所は、QRコードを読み取る機械の前です。

ディズニーランドは小さいコーンのところ、
ディズニーシーは鉄の回転機の前で待っています。

「わかってるよー」って
声が聞こえてきそうですが、

せっかく早くからいるのに、
ちゃんと場所を取らないと、
「横入りした人」となってしまい、

最悪の場合、
キャストに注意されて、
一番後ろまで並び直しになります。

今ある列のうしろに並ぶか、
機械やコーンの前にしっかり並びましょう。

開園待ちの必須アイテム

ディズニーの開園待ちに必要なアイテムは、
下記の3つです。

★レジャーシート

イス (←おススメのイスをご紹介!)

★防寒・暑さ対策グッズ

おすすめの夏の暑さ対策グッズは、
こちらから↓

夏ディズニーで失敗から学んだ厳選の持ち物!14年目のDオタが語る

3~4時間待つわけですから、
疲れずに快適に過ごしたいですよね。

明確に場所取りできるレジャーシート、
背中や足がしびれないように

背もたれや高さがあるイスを使ってみたり、
日除けに折り畳み傘や帽子、
防寒にブランケットやカイロがあるといいですね!

開園待ちの朝食

お腹が空くので、開園待ちの時間で、
朝食を済ませておきたいもの。
私は、コンビニでおにぎりを買っておきます。

開園待ちをするときは、
ここで朝食を買ってから並ぶべし!

ディズニー周辺のコンビニ一覧。すぐ行けて便利に過ごそう!

一番安心なのは、
前の日や、開園待ちの列に並ぶ前に
朝食を買っておくことです。

パークに入って、
お腹空いてもレストランは
開園の1、2時間後にオープンします。

もし、朝イチでしたいことを優先したら
もっと朝食が取りにくくなるかもしれません( ゚ε゚;)

それに、
開園したらアトラクション乗りまくりたいし、
ショーやパレードの場所とりしたいし、
すぐ行動したいですよね。

お腹すいてヘロヘロになる前に、
開園待ちの間に
お腹に入れておきましょう!

開園待ちのトイレ

開園待ちして、
気になるのがいつトイレに行くか。

私の場合は、開園待ちの列に並び始めて
すぐに朝食を取り、
したくなくてもトイレへ行きます。

ポイントは、
できるだけ早い時間に済ませておくこと!

時間が経てば人が多くなって、
必然的にトイレも混んでいきますし、
入園待ちの人も増えて列が伸びて混雑し、
並んでいる家族や友達と合流するのに、
大変な苦労をします。

男性トイレもいつも以上に混むので
「連れがなかなか帰ってこない」と
心配するほどです(笑)

時間潰し

朝食を食べて、トイレにも行くと、
あとは時間を潰さなければいけません。。。

私は、SNSを投稿したり、見たり、
眠くなれば寝ます!

神経質な人は寝れないようですが、
私は眠ければ、まわりに人がいても、
賑やかな中でも、ぐっすり眠れます!

他の人は、ヘアメイク、ゲーム、おしゃべり、
あとは、私のように寝ている人も多くいます。

5、6時台はほとんどの人が寝てるし、
パークミュージックもかかってないので
とても静かです。

立って並ぶ?!

開園の20~30分前になるとキャストから、
「ただいまの時間からは、
立ち上がってお待ちください」って、
アナウンスがあります。

放送ではなく、
キャストが大きな声で言って歩くので
なかなか聞き取れない場合もありますが、
周りの人が一斉に立ち上がるので
なんとなくわかると思います!

広げた荷物を片付けて、
抜かさず、前の人に続いて前方につめます。

開園に向けての準備ですので、
20~30分立っているのは、
辛いかもしれませんが、
開園を待ちましょう。

この時に、
列が崩れがちなので
自分の前後の人を見ておくのも重要です。

別の列に並んでないか
自分達が抜かされてないかなど
気にしてみましょう。

待ちに待った開園&入園待ちのメリット

入園の約10分前くらいには、
シャッターが上がります。

ディズニーの世界がすぐそこに!

開園時間になって落ち着いて入園したら、
アプリでファストパスを取ったり、
乗りたいアトラクションに向かったり、
ショー・パレードの場所とりや、
キャラクターグリーティングに向かいましょう!

最初に向かう場所は、
ほぼ待ち時間がありません。

ソアリンのファストパスが
開園20分で終わってしまっても、
余裕でファストパス取れますし、

ショー・パレードの場所とりは、
希望の場所が確保できますし、

キャラクターグリーティングは、
最初、一人占めも夢じゃない!
そんなメリットがあると、
朝早くても、満足度が高くなります。

目的のことが終わって、
ディズニー中を見渡すと、
たくさんの人が溢れてて、
でも、自分はやりたいことが終わってる!

なんて、有意義な一日の始まりでしょうか!

ディズニーシーに特化した開園待ちの秘密の記事です。

ディズニーシーの開園待ちの秘密。誰にも聞けなかった&困りごと解決

おわりに

ディズニーで開園待ちをする最大のメリットは、
最初にやりたいことを、
あまり並ばずにできることです!

早起きして、ディズニーの前にいるだけで、
やりたいことに時間をかけずにできるから、
開園待ちはやめられません!

開園待ちは、暗黙のルールが多くて、
誰も丁寧に教えてくれないので、
参考にしてみてくださいね!

2020年7月以降は、コロナ対策として、
開園待ちも変わっています。

4 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA