★ne-がコラム書いてるよ★

コロナ対策の開園待ち。ディズニーシーの入園はこういう流れ

読んでくれてありがとうございます!!
最後までどうぞお付き合いください(=゚ω゚)ノ

どうも、ne-です☆

2020年7月からコロナ対策がされて、
ディズニーリゾートが再開しました。

ディズニーに行くと、前後の人とくっついて、
ぎゅうぎゅうで並ぶことを思い出しますよね。

今回は、コロナ対策がされている
開園待ちの様子をレポートします。

前となにが違うの?

コロナ対策と言えば、
3密を避けるですよね。

今までと違うところをまとめると、

コロナ対策
  • ぎゅうぎゅうじゃない!
  • 地面の線・枠の中にいる
  • 体温測定

上の写真でも、地面に枠があるのがわかりますが、
グループごとに枠の中に入ることで、
人と人との距離を保つことができます。

そして、体温を測ることをひとつの基準にしています。

今までと違うのはこういうところでした。

これから、詳しくご紹介します。

列を作って待つ

リゾートラインからみたディズニーシーの開園待ちです。

このように枠の中におさまるように待ちます。

枠は列の前方だけで、
列の後ろの方になると線が等間隔にあります。

守るポイント
  • 枠・線の中は最高で3人まで
  • 枠・線の前方に立つ

枠・線の中は、3人まで居られます。

なんで3人までなのかというと、
4人が入るとはみ出るから。

はみ出ると、前後左右の人との距離が縮まって、
密になっちゃいますよね。

枠や線を設けている意味は、
人と人との距離を保つために
わかりやすくしてあるものです。

だから、枠や線の中にいるように
心掛けましょう。

もし、無理やり3人以上いると、
キャストから声がかかり、
数名は一番後ろに並び直しになります。

なので、後から合流する場合は、
その人が入っても3人に収まるように
枠を取っておきましょう。

開園15分前に立って準備!

開園15分前になるとキャストから、
「これ以降は、立ってお待ちください」
とアナウンスがあります。

座っていたイスやレジャーシートをしまって、
ディズニーアプリを起動したり、
パスポートをチェックしたり、
入園に向けて準備をします。

守るポイント

準備をしても、前には詰めずに、
その場にいること!

今までは、「立ち上がって前に詰めてください」と、
アナウンスがありましたよね?

今は、いつ前に進んでもいいように、
その場で準備をして待ちます。

開園待ちが快適に過ごせる
おススメのイスはこちら↓

ディズニーの待ち時間が楽に過ごせるイス。買うべきおすすめ3選

前に進み始めるコツ

列が前に進むと、前の人がいた枠・線の場所に行きます。

前に進むときに、注意が必要なんです!

守るポイント

前の人が次の枠・線の定位置についてから、前に進む。

自分がいる列の前の方で進み始めたのを見たから、
前に進むだろうと検討をつけて、前に歩き出したとします。

だけど、前の人はまだ前に行かないし、
後ろの人は前に進んだものだと思って前に詰めてきます。

すると、どの枠・線にも入れず、
中途半端な場所にいることになります。

なので、前の人が枠・線に入ったのを確認してから、
前に動き出しましょう。

このあとに、体温測定と荷物検査があって、
ひとりひとり時間がかかるので、
すいすい前には進みません。

ここである程度待つことを知っておくと、
焦らずにいられます。

検温・荷物検査

屋根のある場所まできたら、
体温測定をして、荷物検査をします。

守るポイント

キャストと近づくので、
正面に立ったり、マスクを外すことのないように!

まず体温測定をします。

キャストが真横に立つので、
正面を向いたままおでこを出します。

前髪がある人は自分で髪を上げておでこを出しましょう。
帽子をかぶってる人も取ります。

体温を測って37.5度以下なら、
その先に進み、
荷物検査をします。

素早く見てもらうために、
バッグはチャックを開けておくと楽ですよ♪

この場所で、前方の進み状況で、
止まったり、進んだりします。

足元の枠を出ないように、
焦らずにキャストの指示に従いましょう。

同じ枠・線内の人同士も
検温と荷物検査は1人ずつ距離を取って実施されます。

今までの感覚で、
連れが検査してすぐ後ろをついて行かないようにしましょう。

まだまだ、枠の中にいよう

荷物検査が済んだら、
次は写真のエリアです。

この場所にたくさんの人がとどまらないように、
配慮されているようです。

守るポイント

前の人がチケットを読み込みしていたら、
前の人の真後ろに並ばない!

ここを通ればディズニーシーの中に入れるので、
ワクワク・ドキドキが最高潮の場面ですね。

ですが、ここもちょっと待って!

読み取りの手前の地面に枠があるので、
そこで順番を待ちましょう。

おわりに

久しぶりのディズニーシーは、
相変わらず夢とイマジネーションで
溢れていますよ。

その前に、
コロナ対策で考え抜かれた
ソーシャルディスタンスを保つ方法を
知って守りましょう。

こっちも見てね★