★ne-がコラム書いてるよ★

春のディズニーを楽しむ持ち物!天気予報を見たあと対策を練ろう!

読んでくれてありがとうございます!!
最後までどうぞお付き合いください(=゚ω゚)ノ

どうも、姉のne-です☆

ディズニーに行く日は、
過ごしやすくて暖かいといいなぁって
祈るように天気予報を見ますよね。

でも、悲しいことに
荒れ狂う気候なのが春です。

日差しが強かったり、
しびれるくらい寒かったり、
風が強かったり。

日によって大きく変わるのが、
4月・5月の春ですよね🌸

春のディズニーを快適に過ごすべく、
ポイントをご紹介します!

4・5月のディズニーってどんな気候?

4・5月の舞浜の平均気温はこちら。

4月 18度/13度
5月 22度/18度

20度前後というと、
厚手の洋服だと暑くて、
半そでやサンダルだと
少し寒いくらいの気温です。

肌を出さずに、
長袖Tシャツや長めのボトムスっという格好が、
ベストなんです!

これが春のディズニーの基本情報です。

この春にディズニーに
行く予定をしている日の天気予報が、
暑い予報だったら、
寒い予報だったら、
何をどう気を付けていればいいのか、
気候別に必要な持ち物をご紹介します。

天気予報で暑い日だったら

天気予報で
「今日は暑さに注意してください」と言われた日。

20度を超える予報だったら
汗ばむくらいの暑さを感じます。

写真は、2019年5月午前中のディズニーランド。

帽子をかぶり、肌の露出が多い服装ですね。

ディズニーで遊んでいると、
たくさん歩いて汗ばんで、
ショップやアトラクションに入ると涼しくて、
日光が無くなる夜は心身と冷えます。

必要な物ベスト3

①日よけの帽子

夕方に頬っぺたや鼻が赤くなるほど、
日焼けしはじめるのが春!

春だから、
日焼けしてしまう意識がないからこそ、
帽子で日よけをしておきましょう。

これがおススメ!

帽子のつばが、程よく広いので、
顔がしっかり隠れる!
畳めるので、屋内に入ったときに
バッグにサッと入れられて楽♪


>

②小さくなる上着

日中20度を超える日も、
朝と夜は冷え込みます。

「暑かったけど、また春だもんね」って
思い知らされます。

暑い日中に邪魔にならなくて、
日が沈んで寒くなってきたら着れる、
上着は必須です!

これがおススメ!

ユニクロ ポケッタブルUVカットパーカー

③扇子

20度を超える暑さって汗をかくレベル!

身体を冷ます扇子があると、いいですね。

これがおすすめ!

ディズニーでは、扇子が売ってます。

数種類あって、
値段は¥2,000~¥2,600ほど。

扇子は小さくて軽い!
春からバッグに入れておきたいアイテムですね。

天気予報で寒い日だったら

4~5月の春の寒さは、
風も空気も冷たいのですが、
冬の寒さと違ってダウンを着るほどでは
ありません。

肌を露出していると、
そこが冷えてくるのですが、
歩き回っていると体がポカポカするので、
厚手の素材や着こみは、避けたいですね。

だからこそ、寒い日は、
持ち物で工夫しましょう。

①日焼け止め

春は、曇りの日だと日中でも暗くなるので、
ついつい忘れてしまうのが、UVケアです。

外にいる時間が長いディズニーでは、
知らぬ間に”ディズニー焼け”しちゃっているものです。

これがおススメ!


②フード付き多機能パーカー

ユニクロのポケッタブルUVカットパーカーは、
多機能で、春の変わりやすい気候に対応してくれます。

外で着ればある程度、風を通さずに体温が保てるし、
屋内に入ったらクルクル畳んで小さいバッグに入るし、
突然の雨でも耐久撥水加工がされてるし、
UV加工がされています。

これがおススメ

ユニクロ ポケッタブルUVカットパーカー

③ストール

寒いときは、首(首・手首・足首)を温めるのが一番!

春に必要なストールは、
軽くて、首を覆ってくれて、UV加工されたもの。

見た目がオシャレなのに、
冷えないストールがいいですね。

これがおススメ!


他に考えられるこんな日!

その他にも天気予報でこんなことを言われたら、
これが必需品ですよ!

持ってたのにパークで買い足すのは
けっこう痛い出費だったりします。

パークへ行くのが楽しみすぎて
準備がおろそかにならないように、
きちんとチェックしておきましょう!

①風が強い日

風の日は、飛ばされやすい帽子・日傘などは、
風が強いと使うチャンスがない荷物になりますので、
最初から持って行かない方がいいです。

風で使えない帽子や日傘の代わりに、
UVクリームをまめにぬったり、
雨に備えて傘よりレインコートにするだけでも、
風が強い日のディズニーを少し楽に過ごせます。

②雨の日

雨の日は、冬と違って気温が高い場合があります。

寒いだろうと思わずに、
前に紹介したユニクロのポータブルUVカットパーカーのように
脱ぎ着しやすい物を用意しましょう。

③一日の気温差が大きい日

朝早くに外に出ると、
晴れていても空気が冷たいですよね。

時間が経つにつれて気温が上がり、
16時くらいから日が陰ってくると、
肌寒くなってきます。

この時期は、薄手でも、
袖があるかないか、
一枚羽織るか羽織らないかで、
体温を維持できるかが決まってきます。

脱ぎ着できること、薄手なこと、朝晩が寒い!
これは覚えておいてください!

④花粉が飛ぶ日

目には見えない花粉が猛威を振るう季節ですね。

風が強くても、雨が降っていても、寒くても、
鼻や目がぐずぐずしてくるものです。

常備薬があれば必ず持っていくこと。
ティッシュ複数のタオルを持って、
花粉症の症状に備えましょう。

さいごに

春は、暖かくて気持ちがいい反面、
強風、気温差があるなど、
厳しい環境なんです。

ディズニーでは、
どの瞬間も楽しいし、思い出になるからこそ、
「寒かった」「あれを持って来ればよかった」って、
後悔しないように、持ち物を工夫しましょう!