★ne-がコラム書いてるよ★

ヒルトン東京ベイ。シンプル&ゴージャスで居心地抜群!朝食、駐車場

読んでくれてありがとうございます!!
最後までどうぞお付き合いください(=゚ω゚)ノ

どうも、ne-です☆

ヒルトンは、外資系のホテルで、
スタッフも宿泊客も、ほとんどが外国人!

優しい笑顔で対応してくれるのが印象的です。

家族で数回宿泊しているヒルトン東京ベイは、
居心地よかったので、お泊まりディズニーしたい人におすすめします♪

ヒルトン東京ベイの場所はココ!

ヒルトン東京ベイは、
上の地図で④です。

ディズニーリゾートライン(モノレール)に乗って行けます。
駅の名前は、ベイサイドステーション

ベイサイドステーションからヒルトン東京ベイへは、
徒歩で3分の道を歩くか、バスか、どちらかで行けます。

ベイサイドステーション~ヒルトン東京ベイの
ピストン運行しているミッキーだらけのかわいいバスの
ディズニーリゾートクルーザーに乗ると楽ですよ!

ヒルトン東京ベイの駐車場

ヒルトン東京ベイの駐車場は、
屋外の平屋で、全部で400台。

ホテルの中に行く用に階段があるのですが、
階段に近いとこから、階段から遠いけど
木で日陰になる場所があります。

おススメは、
チェックインの前でも車寄せに
車をつけて、荷物をおろし、
ドライバーだけ駐車場へ向かうこと!

そして、チェックイン前も駐車できるので、
ディズニーに停めずに宿泊が可能です。

駐車場の料金
  • 1泊 ¥3,100
  • 2泊目 ¥4,700 3泊目以上 ¥6,300
  • チェックアウトして15:30以降、30分¥260
  • レストランによって2~5時間無料、以降30分¥260
  • 結婚式一¥500

ヒルトン東京ベイの駐車場の入り口を、
こちらの地図で説明します。

①写真の左上からの道路は、
ディズニーランドの駐車場を過ぎて、
道なりに進んだところ。

②左側がオレンジのような肌色のような建物の
グランドニッコー東京ベイ舞浜で、
右側がヒルトン東京ベイが見えてきたら左折する。

③駐車場の入り口は、もっと先なので、
スピードをおさえてヒルトンの建物のはじまで、
行くつもりで進み、”IN”を探す。

ヒルトン東京ベイ情報

ヒルトン東京ベイは、ぶっちゃけ、
他のディズニーオフィシャルホテルの中で
宿泊料が高い方です。

ですが、各旅行会社のサイトによってセールがあったり、
ポイントを使えばお安く泊まれますのと、
ヒルトン東京ベイのオフィシャルサイトからも、
お得なプランで宿泊予約ができます。

私が泊ったプラン

★ハッピーマジックルーム4人部屋
★1泊朝食付き
★チェックイン15:00~
★チェックアウト12:00

ハッピーマジックルームに宿泊しました。

チェックアウトしたあと、
ヒルトン東京ベイのハッピーマジックルームは、
エレベーターを降りたときから、フロアからステキでした。

グリーンって癒されますね。
優しい感じと、居心地の良さに包まれます。

エレベーターホールには、
こんなものが!

木の中央の空いてる場所をのぞくと、
あれ?なにか見える!

のぞいてみてくださいね。

こちらは、フロントの爽やかなお兄さんからもらったお手紙です。

「部屋に入ってから見てみてください」ということだったので、
みなさんがお部屋に入ってから見てください。

こういうの、ワクワクしますよね♪

広々した部屋で、
荷物を広げても行き来できる場所があるくらいの広さでした。

部屋の作りが日本規格じゃないからですかね。

ベッドが4つぴったりくっついていました(笑)

枕の上のなみなみしている部分と壁との間に
まぶしくないけど、夜はしっかり明るい間接照明。

とってもオシャレです♪

ベッドサイドでもっと光が欲しい時は、
黒いライトで照らすと、
本が読めるくらいの明かりがつきます。

ねーは、
カギのモチーフが大好きなので、
この壁はとっても心惹かれました。

部屋の中にも、大木がありました!

こんなにたくさん、壁やじゅうたんに
いろいろな物が描かれていて、
うざったいかな?って思いましたが(苦笑)

夜になると、温かなライティングと、
部屋の雰囲気がとっても居心地が良く、
何泊でもしたくなりました。

外が見える窓は、障子とふすまみたいですね。

右側に少しだけ窓を開けられるところがあって、
空気の入れ替えができます。

ほんの少しだけしか開けられないので、
手も外に出せませんよ。

ちなみに、オーシャンビューの部屋でした。

部屋の設備

ドリンクコーナーや冷蔵庫。

広めのクローゼット。
アイロンが常備で嬉しいですね。

ハロウィンのときに仮装する人は、
覚えておいてくださいね!

持ち込んだ衣装を着る前に、
アイロンをかけてシワを伸ばして、
キレイな衣装を着られます。

ユニットバスが、
全体的にゆうゆうとした配置です。

お互いが広すぎもせず、狭くもない、
とっても使い勝手の良いつくりだと感じました。

洗面台を使うときはトイレに当たらないし、
トイレのときは狭く感じないし、
お風呂に入ったときは体をふく場所がちゃんとある。

きちんとひとつひとつの動作に集中できます。

バスタブのシャワーカーテンも、
部屋と同じ雰囲気で温かみがあります。

ルームウェアをチェック!

お泊まりに大事なルームウェアをチェックしましょう。

「部屋にどんなパジャマがあるのかな?」
「自分のパジャマが必要?」
なんて、思いますよね。

こちらで、ルームウェアをチェックしてみてください。

ヒルトン東京ベイのルームウェアは、
前ボタンのワンピースタイプです。
色はオフホワイトに黒っぽいふちどりがしてあります。

丈は膝下ちょい長め。
ちなみに、モデルは155センチです!

歩きにくくならない程度までボタンがあります。

横からはこんな感じです。
スリットが入ってるので、
横の動きにも対応できます。

寝ていても邪魔にならないくらい、
動きに柔軟なルームウェアです。

私がはいているズボンは、持ってきた物。
上下セットで買ったのですが、
厚みがなく小さくたためるので、
旅行の時に愛用しています!

前もってルームウェアがあると分かってる場合は、
ズボンだけ持ってきています。

あとは、ホテルにあるルームウェアを
羽織れば寝れちゃいますね!

泊った日は、すごく寒かったので、
ディズニーリゾートに行くことはなく、
チェックインしてから部屋でゆっくりしました。

翌日、楽しみにしていた朝食です♪

ヒルトン東京ベイの朝食

朝食は6:30~9:30の時間帯で、
1階のレストランでブッフェスタイルです。

我が家はブッフに行くとき、
一番最初に行って、空いているうちに、
好きな料理をとるようにしています。

6:20にレストランの前に行ってみると
1組並んでいました。

混んでいて並ぶのに時間をとられて、
その後の予定が後ろ倒しにならないように、
早起きしてでも、
ノーメイクでも、
朝イチに行きます。

朝食ビュッフェの種類が豊富なのと、
会場が広いのが、
ヒルトン東京ベイの特徴だと思います!

おかずも豊富、
葉物野菜もあるし、

和食があると嬉しいですね。

パンも豊富。

オーブンもあるし、

ドリンクも豊富、
べつの場所にはホットドリンクもあります。

フルーツも、スイーツもいけちゃう。

今日はディズニーでたくさん歩こう!って
満腹を覚悟する瞬間のテーブルです。

お腹のすき間を開けてでも、食べたい!
そんなヒルトン東京ベイの朝食ブッフェです。

おわりに

ヒルトン東京ベイは、数年前に宿泊した時より、
居心地が良くなっていました。

それと、ヒルトン東京ベイの、
デリのケーキやパン、コーヒーが美味しいのと、
24時間あいているコンビニが品ぞろえがよくて、
大好きです。

(ぶっちゃけ、他のホテルに泊まっていても、
ヒルトン東京ベイに買い物に行きます。
他のホテルの従業員も、
ヒルトンのコンビニ行った方がいいってすすめてるくらい:笑)

泊まるよりデリとコンビニの利用の方が、
圧倒的に多かったのですが、
これからは、ヒルトン東京ベイステイも
いいなって感じました。

オフィシャルサイトじゃわからない、
本当に知りたいディズニーオフィシャルホテルの情報は、
こちらです↓

ホテルオークラ東京ベイ。日本が誇るサービスがある!朝食、駐車場も

シェラトン東京ベイ。手足を広げて休める部屋。朝食、駐車場も。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA